2017年07月11日

ジャカルタの渋滞がもたらしたもの

インドネシアの首都ジャカルタは人口1000万人。近隣のエリアを合わせたジャカルタ首都圏に拡大すると東京都と同じくらいの面積で人口3000万人の都市となります。世界的に見てもトップクラスの人口密度です。しかもインドネシア2億5000万人の平均年齢は29歳です。比較的好意的に見られている外国人である日本人がTinderでMATCHを得られる数が異様に多いのも頷ける環境ですw

この大都市には世界最悪と謳われる交通渋滞があります。状態は年々悪化するばかりで、更に昨年より鉄道建設が始まった為異常なほどの渋滞となっています。高速道路が東西南北に延びていますが、それに接続する幹線道路が少ない為車の逃げ場がなく一日中慢性的に混んでいる状態です。

ジャカルタから東に向かって延びた高速道路沿いには大きな工業団地が点在しています。そこには多くの日系企業が入っています。私の勤務先はジャカルタから60キロの地点にありますが、毎朝2時間かけて通勤しています。それも朝5時半に出発です。以前は6時半でしたが、渋滞悪化に伴い混み始める時間も早くなり6時、5時半と推移して来ました。

このような状況に対する嫌気からジャカルタから郊外へ住居を移転する人達が増えています。その為、ジャカルタ首都圏よりも東側のブカシ県、カラワン県の方が賃貸料が高騰するという逆転現象が起こっています。首都圏の方が地方より安いのです。例えるならば、東京23区よりも西東京や春日部に至る埼玉エリアの方が高いんですね。

image.jpeg
元々この渋滞は都市計画の無さに起因しています。ジャカルタの新興住宅地開発も同様に無計画に進行しています。その為、首都圏は新しいマンションには人が入らずゴースト化し、既存物件は値崩れを起こしています。私が今借りているマンションも以前の最高値と比較するとその40%ほどの賃貸料です。通勤環境が悪化するほど、住環境が良くなるというおかしな事になっています。

つまり10万円の物件が4万円で、20万円の物件が8万円で、30万円の物件が12万円で借りれるという事になります。渋滞知らずの高くて狭い郊外の家を借りるか。或いは渋滞に苦しめられるものの豪奢なマンションを借りるか。何れにせよ問題のある、そんなジャカルタの住環境です。但しどちらに住んでも若い尾根遺産とは沢山知り合う事が出来ますwww
posted by ランボルギーニ・タコラ at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

日本に伝わらない文化とは⁈

インターネットが通信速度の革命をもたらしたのは言うまでもありませんが、Youtubeもまた情報伝達の正確さを飛躍的に向上させた革命的なツールだったと思っています。インターネット前の時代では海外の情報を得られる機会は稀でした。その少ない機会の一つにオリンピックがありました。水泳の飛び込み種目で東欧の女性選手達が軒並み脇毛を処理していなかった為、世界的に話題になりました。

旅仲間と話していて、その人が如何に海外の文化、特に西側の欧米文化を吸収しているかを測る尺度に男性の陰毛があります。女性ではブラジリアンワックスなどで剃毛するのは非常にメジャーですが、日本では男性はまだまだその意識が低いです。欧米では男性も剃毛するのが最早エチケットとして認識されています。

スウェーデンでサウナに入った際に現地の友人から、お前全然処理してないじゃないか、不潔だよ!と注意を受けました。毛根には細菌が繁殖しやすく、陰毛が抜けて床に散らばるのは細菌をばら撒いているのと同じという発想なんです。日本でも最近では陰毛の永久脱毛をする高齢者が増えています。将来自分の身体が動かなくなった時に不潔な部分を処理出来なくなるので今のうちにという想いからだそうです。

ですので若い男性で陰毛を剃毛しているかどうかというのは西側文化の吸収度合いに現れるという訳です。しかしYoutubeを観ることが日常化しているような日本の社会で何故この欧米文化が伝播しないのか。非常に不思議でした。何でもかんでもネットを通して日本に入って来るのに何故男性の剃毛は根付かないのか…。

はたと気がついたのですが、日本にはモザイク処理という規制がありました。これは何も女性の陰部やセックスの露出を規制するだけではなかったのです。男性の陰部もまた市民の目からは遠ざけられているわけです。これでは海外の剃毛文化は入って来ません。日本は輸入品に対する検閲権を失いたくない為にこの規制を続けています。そしてそれが故に日本人男性の陰毛は伸び放題で、欧米人からはこの部分での意識が低いと思われているのです。

我々が嘗て東欧の女性の脇毛に驚愕したように、欧米人からは日本人男性の陰毛は同じように驚愕に値するという話です。
タグ:面白い話
posted by ランボルギーニ・タコラ at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

第109回 社長と東京でフィリピン談義をしてきた!

2017年6月30日の高円寺パンディットさんで開催された義士庵イベントの前日に社長と一緒に西東京散策をしてきました。ベロベロに酔っていて呂律が回っておらず他愛もない話をしております。

タグ:フィリピン
posted by ランボルギーニ・タコラ at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする