2017年08月07日

フィリピンにド沈没してみた1

イタリアとの国境を接する町、フランス・ヴァルディゼール。スキー客で賑わう標高1600メートルの小村にあるスーパーマーケットでパートタイムの仕事に勤しみながら週一回の休日にスキーを楽しむ生活をしていた。スーパーの賄い飯はあまり美味とは言えなかったが暮らしに余裕のない私に贅沢は言えなかった。それでも週に一度だけは少し贅沢をしようと向かいにあるホステルのレストランに通ったのだ。そこにはスカンジナビアからの大学生達がアルバイトをしていた。そのうちの一人に何とも愛らしい女性がおり、私は一目で魅了されてしまった。う〜む、何とかしたい(笑) 私はスーパーの休憩時間にホステルへ行くと同じく休憩中の彼女に意を決して切り出した。「今晩、一緒にバーに飲みにいかないか?」暫く沈黙が続いた後にOKの返事を貰った。

その後のスーパーの仕事が恐ろしく捗ったことは言うまでもない。そして彼女の仕事が終わる午後10時にホステルからほど近い電気店の前で彼女を待った。しかし1時間待っても彼女は来ない…。標高1600メートルの雪の降る村での1時間は筆舌に尽くしがたい寒さだ。落胆と生命の危機を感じながら我慢の限界に達し、私は一人で彼女と行くはずであったバーへと向かった。すると入口のセキュリティーガードの男が満面の笑みを浮かべながら私に言った。「おっ、色男の登場だよ〜。お前、無謀にも彼女を誘ったんだってなあ。ひゃあっはっは〜!彼女、この店の奥でもう一人の色男と飲んでるぜ〜。」こんな小村だけに私の黒髪は東洋人として独特のアイデンティティーを示していた。暇な村人の話題に私は常に登場していたようだ。なんで知ってるんだよ?!とガードの男に聞く間もなく私は店の奥へと走って行った。するとお目当ての彼女は”彼氏”と共にランバーダーに興じている最中であった。

私の胸の中で大雪崩が起きた音が響き渡った。あゝ、もうこんなところは嫌だ。フランスなんか糞喰らえだ。もういられない。すぐさまスーパーの寮へ引き返すと私は大急ぎで荷物を纏め旅立つ用意を整えた。翌朝、世話になった店長に「母親の具合が悪いらしいから急いでジャポンへ帰らないといけないんだ…、急に辞めることになってごめんよ。」と伝えると、彼は「いいって、いいって、気にするなよ。緊急事態なんだろ?ぷ〜、クスクス!」と嬉しそうに言った。駄目だ、この村は呪われている。一刻も早く離れなければ。私はバスで下山すると一路ジュネーブへと向かった。
空港へ到着する頃になると私は少し我に返って自分を取り戻していた。逃げるように出てきたもののこれからどこへ行くのか全く決めてなかったことに気が付いた。茫然とフライト発着ボードを見上げながら暫く動けないでいた。するとある考えが閃いた。そうだ、フランスを全否定する国へ行こう。暑くて文化的なものなど何もない国が良い。バックパックから世界地図を取り出すと床一面にひろげて眺めてみた。東南アジア、マレーシア、インドネシア、ベトナム、フィリピン…、そうだフィリピンに行ってみよう。これがマニラへ上陸することになったきっかけである。なんとも不純だ。

ニノイアキノ国際空港はフランスのシャルルドゴール空港とは全くの別世界であった。とにかくボロいしよく分からない変な臭いもする。これが国の玄関口である国際空港なのか?!驚きを隠せないまま通関所へと向かった。すると「MABUHAY」と掲示されている。意味が分からない。困った、外国人はどのカウンターに並ぶのだろう?仕方なく免税店の店員に尋ねることにしたのだが…。「MABUHAYというのはどういう意味なんでしょうか?」男性店員は私に一瞥をくべると「ようこそってことよ〜ん。」と屈託のない笑顔で教えてくれた。何となくホモっぽい…。そして「キムチ、キムチ!」と手の平を差し出してきた。私は韓国人だと思われ更に馬鹿にされたと感じ、そのホモに背を向けると何も言わずに通関所へと戻って行った。

通関所を抜けるとバゲージクレームエリアで自分の鞄を探した。すると空港職員と思しき男が頼みもしないのにカートを持ってきて使ってくれと言う。そして、「キムチ、キムチ〜」と言った。その男も手のひらを差し出してきた。一体なんだというのだろう。カートを断り、男を追い払うと自分のバックパックをピックアップして税関へと進んでいった。するとそのカート男が税関におり別の職員に耳打ちをしていた。私は鞄を開けながらパスポートを差し出した。税関職員は私のパスポートを受け取るとなかなか返そうとしなかった。私は手を差し出して「返してくれ」という仕草をした。するとその職員も同じように私に手を差し出し「キモチ、キモチ」と言った。私はようやく気がついた。彼らは「気持ちばかりのチップをくれ」と言っていたのだ。そうか、そういうことなのか。恐らくどこかの日本人のおっさんがチップを渡したためこいつらは癖になっているのだろう。まだペソを持ち合わせていなかったため1フラン紙幣を代わりに握らせた。当時のレートで22円くらいだったが、フランの価値が分からないと見え職員は嬉しそうにパスポートを返すと私を外へと出してくれた。そしてこう言った、「マブハイ、ピリピーン!」。

なかなかの好スタートである。アバンギャルド過ぎる。適当に決めてきた国の割にはかなりのヒットを打った予感がした。タクシーでマニラへと向かった。途中、車窓には恐ろしいほど貧相なバラック小屋が流れていった。空港のそばに貧民街があるのか…。しかしどこまで走ってもその貧民街は続いた。なんという巨大なゲットーなのだろうか。30分ほど走ったところでタクシーを降りたのだが、そこもまた古ぼけた佇まいの街並みであった。もう、街全体が貧民街という感じだ。なんだかすごいところに来てしまったゾ。

気が付くと大勢の汚い子供達に囲まれていた。ウェアユーゴー?ウェアユーゴー?と口々に叫んでいる。その中の一番背の高い少年に空港で聞いてきた宿の名を告げる。すると彼はハウマッチ?と聞いて来た。フランを渡そうとすると首を横に振って言った。「ダラー、プリーズ、セール!」最後の言葉は良く聞き取れなかったのだが、1ドル札を渡してみた。彼はベストスマイルを見せると私を宿へと案内してくれた。その間中、十数人の汚い子供達が付いて来た。まるで何かの団体様だ…。

宿に着くと入口のガードマンが子供達を厳しい口調で追い払った。「ウェルカム、セール!」と言いながら私を中へと案内してくれたのだが、あの「セール」というのは一体なんのことなんだろう…。取り敢えず部屋に入り荷物をドサリと置くと疲労感が襲ってきた。ここまで随分な勢いをつけてやった来たのだから不思議もない。フランスでの出来事やこれからのこと、時差ボケなどが混ざり合い頭が混乱してそのままベッドに倒れこむように眠りこんだ。しかしあまりの暑さのためすぐに目が覚めた。エアコンをつけ忘れていたのであった。スイッチを入れる…。ガイーン、ゴガゴガ、ガイーン!モーター音の大きさに驚かされ唖然とした。これでは休めない…。

喉の渇きを潤すため宿の外へと飛び出した。ちょうど正面に日本食店?のような微妙な出で立ちのレストランがあったので中に入ってみた。「ウェルカム・セール」と女性店員の声が響く。再びさきほどからの疑問が湧き起こる。セール…?ただそんなことよりも早く何か飲みたかった。サンミゲルというブランドのビールを頼む。しかしなかなか出てこない。店員に催促すると面倒くさそうにゆっくりとした動きで栓を開けた瓶ビールを運んできた。一気に飲み込む…、が、ヌルい。ヌルいのだ。こんなクソ暑い日にヌルいビールなど有り得ない。「もっと冷たいの出してくれよ!」と半ギレになりながら叫ぶと、またダルそうに店員がやってきて私の飲んでいるコップに氷をドガッと放り込んだ。あゝ、何も言えない…。凄いぞ、この無気力さ。

氷水で薄まったビールをやりながらこれからのことを考えた。もう少し安い宿を探せないか、どの辺りが繁華街なのだろうか、様々なことが頭を巡る。人間不思議なもので考え事をすると腹が減ってくる。メニューを見るとフランスでは見ることが出来なかった和食の数々が書かれていた。「ヘイ、ミス!ワン、シラスおろし!」と注文すると「ワン、シェラスウォロシ〜!」と店員が厨房に叫んだ。オウム返しに厨房から「ワン、チラスウォロシッ!」と声が響いた。そして待つこと20分、やっと店員が料理を運んで来た。テーブルの上にやけに大きめの器がテーブルにガシンと叩き置かれた。そこには「散らし寿司」が載せられていた…。

ミラクルだ!この国はミラクルが起きる国だ!あまりのアホさ加減が逆に凄く気に入ってしまった。凄すぎるぞ、マニラ。私は思わずエキサイトしてしまい、これから起こるであろうミラクルに期待感でいっぱいになってしまった。ヌルいのだがもう少しビールが飲みたくなったのでダルい店員を呼ぶ。今度はメニューのクアーズを指さしてみる。「フィッチワン?」と聞くのでメニューを覗くとクアーズとクアーズ・ライトの文字が見える。あゝ、そういうことか。「Light! Light!」と頼む。そして10分後に皿に載せられたごはんが運ばれて来た。「ライス…」。

<続く>

image.jpeg
ラベル:フィリピン
posted by ランボルギーニ・タコラ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

アメリカの思い出4

「あれ、Jamesは?」「子供を学校へ迎えに行くからって、さっき帰ったぜ。」とこんな会話は日常茶飯事でした。アメリカでは保育所や託児所が殆どありません。一握りの大企業だけが会社内にそのような施設を設けているのです。そんなことも知らずLAへ着の身着のまま渡ってしまった私は、アメリカは男女平等が進んでいて女性の社会進出の為の施策が積極的に進められているものだと思い込んでいました。実態はまるで逆。共働きでなければ暮らしていけない為、女性も働かざるをえないというのが現実の姿でした。時には既述のとおり男性が子供の面倒を見なければならないこともあります。兎に角、暮らしにくい社会、それがアメリカ。映画の中に観た洒落た日常や広大な庭に囲まれた邸宅、ハイウェイを颯爽と走る高級車、そのどれもが全て幻でした。

LAには日本人と韓国人女性が働くソープランドがあります。日系食堂で働く若い日本人女性がこっそり耳打ちしてきました。「今月チップが少なくってさ、家賃やばいんだ。後で良かったらここに来てよ。」と言って住所と電話番号が書かれた紙切れを渡してきました。馴染みのラーメン屋のウェイトレスがソープで働いていたことを知り驚愕しました。私も経済的に余裕は無くそこへ行くことは出来ませんでした。しかし、沸き起こる好奇心から私は後日彼女に電話をかけてしまいます。「助けになれなくてゴメンね、自分もギリギリだからさ…」「ううん、いいよ。やっぱりそうだよね…」。元々彼女は留学生でした。大学で知り合った白人男性はジャンキー崩れのバカで、彼女と付き合い始めるや否やドラッグ代をせびり始めました。気がつくと日本から送金された授業料が無くなっていました。

英語で囁かれる愛の言葉は耳に心地良く、彼女は盲目的に男性の言いなりになっていました。しかし大学に行けなくなるような事があっては親に顔向けが出来ません。異国の地で頼れる友達も少なく途方に暮れている時に、盛り場で見かけたことのある女友達からソープの話を持ち掛けられました。渡りに船とばかりに何の躊躇も無くその仕事を始めてしまいます。しかし、急に金回りの良くなった彼女を男性は疑うようになり、挙げ句の果てには酷い暴力を振るうようになりました。やがて男性は大学を中退し故郷の田舎町へと去って行きました。彼女自身は成績が落ちてしまい、やはり中退を余儀無くされました。「私、何でこんなところに居るんだろう?」と言った後、啜り泣く声が受話器から聞こえてきて私の胸に刺さりました。

DV=ドメスティックバイオレンスはアメリカの大きな社会問題の一つに数えられています。外では鴛鴦夫婦を気取っていても、家庭内では地獄のような様相を呈しているという夫婦が私の身の回りだけでも本当に沢山いました。仕事をサボって野球を観に行きクビになった夫、勝手にダイエット器具をカードローンで買ってしまう嫁。どちらもどうしようもない状態、どうしようもなくくだらない事で痴話喧嘩を繰り返している人達。アメリカ人は馬鹿なのか?半年も経たないうちに私の中の憧れの国は、瓦礫置き場のような無為な場所に変わってしまいました。アメリカンドリームはアメリカのどこにも無かった…。見つけたのは壊れかけた社会システムの中の無力なちっぽけな自分だけでした。「俺は何でこんなところに居るんだろう?」。私もまた自問自答を繰り返すようになっていました。

休日になると金のない私はサンタモニカやロングビーチ、ラグナビーチといった海岸へ行き、一日中何もせずにただ座り込んで陽が沈むのを見ていました。そのうちホットドック売りのメキシコ人と顔馴染みになりました。「ホンダで働いてるのかい?」「そんないいもんじゃねえよ、日本人にも貧乏な奴だっているんだぜ。」「そうなのかい、Welcome to Los Angeles!」と言って小さな売店の中から出てきました。彼が言うには海岸沿いに並ぶ高級住宅の殆どは華僑の持ち物なんだそうで、その殆どは中国で生産させた安価な製品を仕入れてアメリカで売捌き一攫千金を得たにわか成金ばかりということでした。「彼奴ら最低だぜ。態度は悪いし、チップはケチるし、ろくなことがねえよ。お前もチャイニーズに間違われないように注意しな!」。

僅か半年足らずで私は私の中のアメリカを失いました。ハーレーダビッドソン、ルート66、グランドキャニオン、ラスベガス、コダックシアター、ビバリーヒルズ、ロックンロール、ブロンドガール、キャデラック…。まるで幼稚じゃないか!サンタモニカの近くにイーグルスのホテルカリフォルニアのアルバムジャケットに使われたホテルがあります。
Welcome to The Hotel California. You can check-out any time you like, but you can never leave!「ホテルカリフォルニアへようこそ。チェックアウトは御自由ですがきっとご満足頂けると思います」。アメリカで生まれた者は夢を失おうともこの国で暮らしていかねばなりません。私はアメリカへの失望の中で自分が日本人であることをはっきりと自覚しました。LA国際空港での最後の食事は、キツネうどんでした。次にアメリカへ来ることがあるとしたら、きっと今の自分じゃないはず…。そう自分に言い聞かせながらLAを後にしました。

終わり

image.jpeg
ラベル:アメリカ
posted by ランボルギーニ・タコラ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

アメリカの思い出3

クビになった若者トミーは私の家の近所に住んでいましたので、ある日の仕事帰りに寄ってみることにしました。彼が辞めてから3週間ほど経った頃でした。彼にはルームシェアしている彼女がいました。同棲ではなく、あくまでもルームシェアです。案の定、家賃が払えなくなり彼女との関係が悪くなっていました。玄関口で私を迎えてくれた時、トミーはなんだかひどく疲れたような顔をしていて心配になりました。聞けば、体調を崩して暫く寝込んでいたのだとか。医者には行っていない様子でしたが、それは聞けませんでした。失業した彼には医療保険料を払えるはずもなく、医者にかかれないのは明白だったからです。彼は仕事が見つからず苛立っていました。痩せた頬からは、まともに食べれていない事が見てとれました。私は大した話も出来ず、気まずい空気を感じながら彼の家を離れました。

アメリカの医療保険制度は破綻しています。個人で高い保険料を払わなければなりません。大企業の勤め人以外は保険に加入していない人が多く、風邪をひいても我慢して働き続けます。何故なら有給休暇が殆どないからです。例えば産後のマタニティリーブでさえも、殆どの場合無給休暇となっています。兎に角、労働環境が良くないのです。Manager以上の肩書きがつかない限り、暮らしが楽になる事はまず無いと思います。しかし、従業員の殆どは出世が出来ません。入社した時のポシションのまま働き続けるのです。多少のインセンティブは得られたとしてもたかが知れています。Managerになりたかったら、○○大学の○○学科を卒業してきて下さいと言われます。完全な学歴社会です。俗に言う実力主義というのは、こういうことも包含しています。後は転職をして過去の業務履歴からより高いポシションで雇ってもらうしか出世はあり得ません。

ジェネラルモータースがトヨタにカイゼンを教えて欲しいと言ったことがありました。トヨタは指導しましたが、結果は失敗に終わりました。日本の会社では問題が起こると役職の垣根を越えて皆が問題解決に向けて取り組みます。ところがGMではトップは部下に問題解決の指示を出すだけでした。役職者と一般工が一緒に仕事に取り組むことはありません。食堂でさえも分けられていて、役職者はまるで待遇が違うのです。ここに既に身分の違いによる意識の差が生じています。これでは企業が意思統一をするのは困難です。欧米の研修では、よくチームビルディングというものに参加させられます。小グループに分かれ、与えられた目標を達成する為に全員で協力し合うというプログラムです。日本人にとっては、何故今更こんな簡単な事を研修しなければならないのか?と感じてしまう内容です。それほどアメリカの社会では皆がバラバラに動いてしまいます。アメリカは個性を大切にする国だなどと言います。しかし皆が自己主張を繰り返せばどうなるのか、答えは決まっています。

アメリカ市民の殆どは慎ましい暮らしをしています。金がなければ良い教育を受ける機会を得られず、優秀な大学に行く事は出来ません。大学に行けなければ雇用条件の良い企業に入る事は出来ません。何処かの国と非常に酷似しています。実はアメリカンドリームという言葉は、成功することがほぼゼロに近い状態を指して言う言葉です。アメリカに行けば大きく成功出来るというのは勘違いで、その意味とは真逆なのです。アメリカでは成功出来ない、だからドリームなのだという強烈な皮肉なのです。国民の1割だけが恵まれた生活を謳歌しています。後の9割はその日暮らしに近いようなギリギリの生活に喘いでいます。そして私もまた夢の無いアメリカでの暮らしに戸惑いを感じ始めていました。このまま遊園地でパレードの車を運転して人生が終わってしまうのだろうか…? LAに来てから3ヶ月が過ぎようとしていました。

続く
ラベル:アメリカ
posted by ランボルギーニ・タコラ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月04日

アメリカの思い出2

私の害虫駆除は成果を上げたので、California Disney Adventureの白人マネージャーの信頼を得て彼とはよく話をするようになりました。週末に自宅でのBBQに呼んで貰ったりもしました。来園するお客さんともよく喋りましたが、アメリカ人は基本的にのんびりしており気の良い人が多いように思います。早口で捲し立てる英語に最初は怯みますが、言っていることはなんという事もない簡単なことばかりです。アトラクションに列んでいる男性が「俺はアトランタでゴルフの会員権を売る会社に勤務してるんだよ。君は何処の出身なんだい?」と気軽に話しかけて来たりします。

しかし、一方でこの善良な市民達を雁字搦めに縛りつけているものがあります。それは州法です。CAの場合、オフィスには必ず基本的な雇用条件を掲示しなければなりません。平日の最低時給は幾らで、休祝日には何%アップ。有給休暇は何日で…。こんな事をいちいち書かねばならないのは米国が移民の国だからです。必ずしも皆が英語を理解してる訳ではない、という暗黙の認識があり、それが故にしつこいほどに文章で規定を提示するのです。特に契約書などは恐ろしい程の分厚さです。それをよく読むと凄い条項が含まれている事に気が付きます。「上司が気に入らない部下は理由の如何を問わずクビに出来る…」。

ある日、事務所に書類を届けに行くと何やら騒がしくモメていました。人事部のManagerがある若い白人男性に怒鳴りつけていました。「昨日の話だが、お前は解雇される事になった。30分以内に必要な物を持って出ていけ!残りは後で自宅に送る!」と。先日のBBQで親しげに何時でも遊びに来てくれよと言っていた人物が、今日は鬼の形相で人をクビにしていました。男性は泣きながら荷物をまとめていました。その後、警備員二人に連れられて出ていってしまいました。僅か一時間足らずの間に起こった出来事。自分にもいつかはこんな日が来るのかも知れないと感じました。

アメリカを筆頭に日本以外の国の人々は簡単には謝りません。どんなに自分が悪くても、それを認めようとはしません。それは契約社会の歪がそうさせているのです。直ぐにスミマセンを連発する日本人には考えられないことですが、一度謝ったら最後、ミスを認めたことになりクビにされても文句は言えないのです。失業率の高い国では、申し訳ありませんの一言が自分と家族の生活を脅かす結果をもたらすという訳です。

続く
ラベル:アメリカ
posted by ランボルギーニ・タコラ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

アメリカの思い出1

アメリカでの思い出についてです。数回に分けてお話したいと思います。

私は映画が好きで、とにかく暇さえあれば映画館へ通っていました。学生時代にはレンタルビデオ店でアルバイトをしていましたが、それは無料で幾らでも映画を借りれたからです。そして東京福生の横田基地でアルバイトを始めたのも、元はと言えば基地内映画館の鑑賞料が2ドルだったからです。余談ですが、差額は日本の税金で賄われています。これあんまり知られていません。

そんな訳で必然的にアメリカ映画ばかりを観ることになり、次第にアメリカへの憧れを募らせていきました。非番の兵士達から聞く本国の話も刺激的でした。ロックやラップの歌詞からも多分に影響を受けました。いつかはアメリカで暮らしてみたい、そう思うようになったのです。

それから10年以上の時を経て、私はLAに移住しました。勿論なんの伝もないオリエントボーイにまともな仕事はありません。それでも何とかカリフォルニアディズニーランドでの案内係のアルバイトに就くことが出来ました。日本人ツアー客への案内やパレードの山車の運転、イベントの装飾、ありとあらゆる事をやらされました。毎日結構な拘束時間でしたが、若さ故かそんなことが楽しかったので苦にはなりませんでした。

ディズニーランドにはアトラクションのあちらこちらに秘密の従業員通路があります。ある日、白人の上司がそこから出てきて私を中へと呼びました。そしてモニター室へと連れて行きました。「おい、三番のモニターにコジキが映ってるだろ。フェンスの外から中に向かって何か叫んでる。お客の迷惑だから直ぐに排除しろ。やり方はお前に任せる!」と言われました。その日以来、私は害虫駆除係に任命されたのでした。

害虫はほぼ毎日のようにやって来ました。しかし、彼等は切実でした。「失業してもう数日間なにも口にしてないんだ。期限切れのパンを分けてくれないか?頼むよ!」。私は言葉を失いました。あの夢にまで観たロサンジェルス、しかも夢の国であるはずのディズニーランドで、何か異変が起きている。しかも一度や二度じゃない。一体どうなっているんだ?!それがアメリカの病んだ社会構造に気が付いたきっかけでした。

続く

image.jpeg
ラベル:アメリカ
posted by ランボルギーニ・タコラ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする