2017年09月12日

珈琲の嗜み

自宅から10分ほど歩いた所にTANAMERA COFFEEという珈琲専門店があります。インドネシアは世界でも有数の珈琲輸出国です。東西5,000キロに渡る国土からは様々な品種の珈琲が産出されています。酸味やコクに違いがあり様々な味を楽しむ事が出来ます。この店ではインドネシア各地の珈琲豆を揃えています。

4E8B2986-4096-49D0-AAC5-17D3F027EF1B.jpg

7861353C-EAFB-4D5B-97FD-DCD3DDA630EE.jpg

その中の一つで最近お気に入りなのが、ジャカルタ在住のカスたむさんに教えて頂いたACEH GAYO COFFEE=アチェガヨコーヒーです。酸味は弱めで何杯でもいける口当たりの良さが特徴です。元々はオランダ東インド会社がスマトラ島アチェの高山地帯で栽培させたアラビカ種の珈琲で、欧州にその多くが輸出されていますが日本ではあまり知られていません。

5512F31D-EDA7-44A1-802D-C539CDB5271C.jpg

A42297E5-CDC2-41C0-A42B-6A13E8B4CF89.jpg

イノダコーヒー店に代表されるような珈琲専門店に行けば飲むことが出来ますが、非常に高価です。当地ですとACEHでは1gで1円ほど。ジャカルタの小売店でも2円ほどで購入できます。インドネシアに来られる機会がありましたら是非このガヨコーヒーをお試し下さい!
posted by ランボルギーニ・タコラ at 08:27| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

年末年始の旅先の選び方

今年も早いもので既にBer Monthsに突入しました。Ber Monthsとは9月〜12月の事です。September, October, November, Decemberという訳ですね。そろそろ年末年始の旅先を決めて予約しておきたいところです。人気のあるところは直ぐに埋まってしまいますので。

ところで年末年始をバリのリゾートホテルで優雅に過ごそうと思ってはるばるやって来たら大雨だった…という経験をお持ちの方がいらっしゃるのではないでしょうか。嗚呼、運が悪かったと思われるかもしれませんが、モンスーンの動きをよく調べればこの不運を避ける事ができます。

BBC37DEF-F896-450B-8FCC-EECCF6412DF2.jpg

940FFAF0-6106-434F-ADA9-663AA120A503.jpg

モンスーンとは季節風の事です。時期によって風向きが変わります。このモンスーンの動き方によって各所での乾季、雨季のタイミングが変わってきます。簡単に言えば雨季の地域を旅先に選ばない!という単純な話です。

819C744C-BEE9-4BAC-B8CA-F966D4E6EF18.jpg

東南アジアリゾートのベストシーズンと雨季の表です。ペナン島・ランカウイ島とレダン島は同じマレーシアなのにベストシーズンが随分と違いますね。インドネシアでもバリ島とロンボク島は隣り合う位置関係ですがベストシーズンに差がありますね。

FFE9EDB3-25E1-4A39-8D9B-9244B7EC8BEE.jpg

どの時期にモンスーンがどう吹くのか?これを知っていれば年末年始の旅先選びで失敗する確率を低く抑えられます。モンスーンは東南アジアだけでなく世界各地で見られる現象です。行き先を選定する時は天気予報を眺めるだけでなく、風向きを読んで何処にいつ雨雲がやってくるのかを見る事をお勧めします!
posted by ランボルギーニ・タコラ at 19:01| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

ATLAS OBSCURAのご紹介

It's time to get off the beaten path. Inspiring equal parts wonder and wanderlust, Atlas Obscura celebrates over 700 of the strangest and most curious places in the world.

DF606B1F-D786-4675-B184-83D6E80C1388.jpg

世界700カ所の知られざる旅行スポットを紹介した本です。
日本ではあまり知られていない本ですが、ベストセラーになっています。
日本で出版される旅行本と違って写真など殆どなく文字だらけですが、行ってみて知るという事を示唆しているとも言えます。

posted by ランボルギーニ・タコラ at 17:15| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

バブリージャカルタ

義士庵に何度か出演して下さったシャチョウが遊びに来てくれました。ジャカルタの発展ぶりにとても驚かれていました。バブリーなジャカルタの夜を体験頂いたので、その一部を写真でご紹介します!

CC898A8F-C9CD-4D50-9041-DAB4A0DF2FF2.jpg

840496F4-1926-429C-81E4-1B3DE5A4D1B4.jpg

D6D2C171-6129-4AEB-9D2D-08E872651FA9.jpg

03485D8A-ABB4-4D8C-8A30-26C99E06EB21.jpg

21B6D70A-A42A-476F-85D3-BFD1B2912985.jpg

80A79244-8416-4A12-94DC-C501AAB8B2D7.jpg

4694674A-5752-40E5-9DB7-C7D5ACD78D62.jpg

B7B90392-C024-40D3-A634-7F25689C18F7.jpg

A4667EE0-BBAE-4C1A-BBB6-244B318CDB31.jpg

posted by ランボルギーニ・タコラ at 11:40| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

爆発するガラス

まずはこの写真を見て下さい。

060EADAC-CEA2-4C25-8DDB-BC4755384811.jpg

9A8B924A-C3DA-4BF1-90A1-4A9214D6D3D3.jpg

BB3DE44B-BF2B-46E9-B250-0D214C76D9E9.jpg

外出先から帰宅したら自宅のガラステーブルがバリバリに割られていたのです。一体誰が?何の目的で…?人に恨まれる覚えは…、沢山あるなあ…www 何が起こったのか全く分からなかったのですね。テーブルに何かが落下した形跡もありませんでした。ただ、よくよく見ると表面がうねっていました。何だか、引っ張られたようだ…。ん⁈ 引っ張られる⁈

というわけで検索しまくって漸く事件の真相が分かりました。ガラステーブルは自爆したのです。これは強化ガラスに起こる現象で、表面とガラス内部のバランスが崩れると破裂が起こるんだそうです。つまり製造工程での不良ということです。海外製の安い強化ガラスではよく起こる現象なんだそうです。今回はビックリしましたが、ご参考までにこちらで書いておきます。


posted by ランボルギーニ・タコラ at 23:46| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする