2017年09月12日

珈琲の嗜み

自宅から10分ほど歩いた所にTANAMERA COFFEEという珈琲専門店があります。インドネシアは世界でも有数の珈琲輸出国です。東西5,000キロに渡る国土からは様々な品種の珈琲が産出されています。酸味やコクに違いがあり様々な味を楽しむ事が出来ます。この店ではインドネシア各地の珈琲豆を揃えています。

4E8B2986-4096-49D0-AAC5-17D3F027EF1B.jpg

7861353C-EAFB-4D5B-97FD-DCD3DDA630EE.jpg

その中の一つで最近お気に入りなのが、ジャカルタ在住のカスたむさんに教えて頂いたACEH GAYO COFFEE=アチェガヨコーヒーです。酸味は弱めで何杯でもいける口当たりの良さが特徴です。元々はオランダ東インド会社がスマトラ島アチェの高山地帯で栽培させたアラビカ種の珈琲で、欧州にその多くが輸出されていますが日本ではあまり知られていません。

5512F31D-EDA7-44A1-802D-C539CDB5271C.jpg

A42297E5-CDC2-41C0-A42B-6A13E8B4CF89.jpg

イノダコーヒー店に代表されるような珈琲専門店に行けば飲むことが出来ますが、非常に高価です。当地ですとACEHでは1gで1円ほど。ジャカルタの小売店でも2円ほどで購入できます。インドネシアに来られる機会がありましたら是非このガヨコーヒーをお試し下さい!
posted by ランボルギーニ・タコラ at 08:27| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: