2017年08月05日

アメリカの思い出3

クビになった若者トミーは私の家の近所に住んでいましたので、ある日の仕事帰りに寄ってみることにしました。彼が辞めてから3週間ほど経った頃でした。彼にはルームシェアしている彼女がいました。同棲ではなく、あくまでもルームシェアです。案の定、家賃が払えなくなり彼女との関係が悪くなっていました。玄関口で私を迎えてくれた時、トミーはなんだかひどく疲れたような顔をしていて心配になりました。聞けば、体調を崩して暫く寝込んでいたのだとか。医者には行っていない様子でしたが、それは聞けませんでした。失業した彼には医療保険料を払えるはずもなく、医者にかかれないのは明白だったからです。彼は仕事が見つからず苛立っていました。痩せた頬からは、まともに食べれていない事が見てとれました。私は大した話も出来ず、気まずい空気を感じながら彼の家を離れました。

アメリカの医療保険制度は破綻しています。個人で高い保険料を払わなければなりません。大企業の勤め人以外は保険に加入していない人が多く、風邪をひいても我慢して働き続けます。何故なら有給休暇が殆どないからです。例えば産後のマタニティリーブでさえも、殆どの場合無給休暇となっています。兎に角、労働環境が良くないのです。Manager以上の肩書きがつかない限り、暮らしが楽になる事はまず無いと思います。しかし、従業員の殆どは出世が出来ません。入社した時のポシションのまま働き続けるのです。多少のインセンティブは得られたとしてもたかが知れています。Managerになりたかったら、○○大学の○○学科を卒業してきて下さいと言われます。完全な学歴社会です。俗に言う実力主義というのは、こういうことも包含しています。後は転職をして過去の業務履歴からより高いポシションで雇ってもらうしか出世はあり得ません。

ジェネラルモータースがトヨタにカイゼンを教えて欲しいと言ったことがありました。トヨタは指導しましたが、結果は失敗に終わりました。日本の会社では問題が起こると役職の垣根を越えて皆が問題解決に向けて取り組みます。ところがGMではトップは部下に問題解決の指示を出すだけでした。役職者と一般工が一緒に仕事に取り組むことはありません。食堂でさえも分けられていて、役職者はまるで待遇が違うのです。ここに既に身分の違いによる意識の差が生じています。これでは企業が意思統一をするのは困難です。欧米の研修では、よくチームビルディングというものに参加させられます。小グループに分かれ、与えられた目標を達成する為に全員で協力し合うというプログラムです。日本人にとっては、何故今更こんな簡単な事を研修しなければならないのか?と感じてしまう内容です。それほどアメリカの社会では皆がバラバラに動いてしまいます。アメリカは個性を大切にする国だなどと言います。しかし皆が自己主張を繰り返せばどうなるのか、答えは決まっています。

アメリカ市民の殆どは慎ましい暮らしをしています。金がなければ良い教育を受ける機会を得られず、優秀な大学に行く事は出来ません。大学に行けなければ雇用条件の良い企業に入る事は出来ません。何処かの国と非常に酷似しています。実はアメリカンドリームという言葉は、成功することがほぼゼロに近い状態を指して言う言葉です。アメリカに行けば大きく成功出来るというのは勘違いで、その意味とは真逆なのです。アメリカでは成功出来ない、だからドリームなのだという強烈な皮肉なのです。国民の1割だけが恵まれた生活を謳歌しています。後の9割はその日暮らしに近いようなギリギリの生活に喘いでいます。そして私もまた夢の無いアメリカでの暮らしに戸惑いを感じ始めていました。このまま遊園地でパレードの車を運転して人生が終わってしまうのだろうか…? LAに来てから3ヶ月が過ぎようとしていました。

続く
ラベル:アメリカ
posted by ランボルギーニ・タコラ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック