2015年08月29日

経済格差の不思議

13年末〜14年初のJETRO調査によると、東京での一般工職の賃金は2,523ドル。この時期のジャカルタを調べてみたところ241ドルとなっていた。生まれた場所が違うだけで収入に10倍の開きがあるということだ。因みに下記のアジア・オセアニアでの基本給比較でみるとヤンゴンが71ドル。ジャカルタの1/3以下だ。シドニーは3,997ドルで東京の1.5倍以上。オーストラリア人から見たら、日本人て可哀想ね…となるのかもしれない。もちろん収入比較だけしても意味がない訳で、住宅とか食費がどのくらいの水準かによって暮らしぶりは変わる。
無題.jpg

ジャカルタでは輸入品の値段が極端に高い。先日も日系食料品スーパーでインスタントラーメンを買おうとしたら5袋入りのパックが1,000円だった・・・。普通は300円くらいのものだろうから、3倍以上ということになる。ジャカルタでは袋ラーメンは私にとって高級品だ(笑) ただこの場合の価格差は輸入諸掛や関税だとわかる。しかし、人件費の差はよくわからない。もちろん、理屈の上では理解しているのだが、実際に目の当たりにすると良く分からないよねと思うわけだ。

フィリピンのCITY BANK頭取の基本給は5,000ドルほどだそうだ。本国のCITY BANKの人と話した時に、アジアは優秀な人材が安価で雇用できるから非常に楽だと言っていた。同じ事を米国人にさせたら、そんな低水準の給与ではとても賄えないという。なるほど、単純労働者だけではなくホワイトカラー層での人件費の差も当然あるわけだ。

ドイツのバイエルに勤務する日本人の友人は同じこと、いや彼等より遥かに良い仕事をして結果を出しているのにドイツ人達との給与差があまりにも違い過ぎると不平をこぼしていた。逆にシンガポールの日系企業に勤めるIT部のインド人は、いつも日本人が上のポジションについて自分は全然出世できないと憮然とした様子でこぼしていた。

日本でも最近は所得格差が著しく乖離し始めている。以前は年功序列の横並びで、サラリーマンは気楽な稼業などと唄われた。しかし今や若い女性達が求める理想の男性像の条件として、「正社員」であることを挙げるほどだ。しかし、それにしてもだ、そこまで人々の間で大きく待遇の違いを感じることはあまりない。それは贅沢が出来るかどうか、という部分を除けば、基本的な暮らしは豊かなものだからだ。

私が住んでいるところはジャカルタ経済の中心部で証券取引所などが近くにある、いわば丸の内のようなエリアだ。新しいビルの建設がそこら中で行われている。日本と違って夜間でも工事は行われている。暑い日中より作業が捗るのかもしれない。安い人件費で雇われた地方からのワーカーが必死で働いている。2億5千万人の人口のある国だから働き手は幾らでもいるのだろう。
20140430_072803 (578x800).jpg

その一方でレストラン街では洒落たバーやレストランが軒を連ねており、そこにまた大勢の人達が集まっている。週末のCLUBでは15ドルもする料金を払って若者達が中に入ってくる。ソファー席でドンペリを何本もオーダーしている様子はまさに日本のバブル時代そのもの。一体この人達はどこからそんな収入を得ているのだろう・・・?その中の一人に話しかけてみたところ、ゴルフコンペの続きで来ているとのことだった。優勝者にはミニクーパーが商品として提供されたと聞かされた。なんともはや・・・。
20141026_004729 (800x577).jpg


posted by ランボルギーニ・タコラ at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/425000525

この記事へのトラックバック