2017年09月30日

第113回 2017年義士庵イベント!その2

2017年6月30日(金)に高円寺パンディットにて開催されました「ポッドキャスト 義士庵ナイト タコラが真面目に旅を語る夕べ」の様子を一部抜粋して3回に分けてお送りします。

今回は、その2です。

ラベル:面白い話
posted by ランボルギーニ・タコラ at 00:00| Comment(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

雨季の到来

フィリピンでは9月下旬から10月初旬にかけて、ガモガモが大量に発生します。地面や車のボンネットに夥しい数の羽蟻が現れるのです。この異常な現象は2〜3日で収まります。と同時に大雨が降り始めます。ガモガモが現れたら雨季が始まった証なのです。

今朝は事務所の廊下に大量の羽蟻が這っていました。ここインドネシアでも、きっと同じなのでしょう。もう直ぐ雨がやって来ます。そんな季節の到来を告げる風物詩と言えなくもない羽蟻の大群。なんの役にも立たない知識。だがローカルの人達なら誰もがみんな知っていること。通り過ぎる旅では知りえないこと。

海外生活も述べ19年目に入りました。
(写真の掲載はキモイので割愛しましたw)
posted by ランボルギーニ・タコラ at 21:39| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

第112回 2017年義士庵イベント!その1

2017年6月30日(金)に高円寺パンディットにて開催されました「ポッドキャスト 義士庵ナイト タコラが真面目に旅を語る夕べ」の様子を一部抜粋して3回に分けてお送りします。

今回は、その1です。

海外滞在歴延べ15年の中で観聴きして来たことを、史実や宗教的な背景から深堀りしタコラ流の解釈で語ります!

・世界3大宗教の比較
・英領コモンウェルスとは?
・現代アメリカの成立ち

旅の途中で見つけた現代史の片鱗、タコでも解るアカデミック版義士庵!

でもエナジー不足で下記のテーマはキャンセルしました(笑)
・インドネシア殺戮の歴史
・東インド会社がもたらした東南アジア

ラベル:面白い話
posted by ランボルギーニ・タコラ at 17:39| Comment(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

Peranakanの住む町

自宅のすぐ近くにある中華料理屋はPERANAKAN料理を出す店です。プラナカンと読むのですが、ヌサンタラと呼ばれるマレー文化の一部ですね。プラナカンとは中国からブリティシュ・マラヤを含むマレー諸島インドネシア、タイ一帯に移り住んだ移民の末裔の事です。彼等はこの地域の交易を通じて一大文化圏を形成しました。このインドネシアでは銀細工が多く作られマレーシアへと運ばれたと言われています。シンガポールにはプラナカン博物館がありますので、ご興味のある方は一度ご訪問されてみては如何でしょうか。

インドネシアはマレーシアへとの貿易を望みました。その為、商用言語としてマレー語を覚えたと言われています。その為、マレー語とインドネシア後は非常に類似しています。タガログも一部同じ単語がありますね。タイ語は数の数え方が広東語に類似しています。交易とその流れ、言語の類似性は人の流れの象徴ですね。私にとっては非常に興味深いテーマです。では、何故中国人は大陸から出て行ったのか、何故流れ着いた先でチャイナタウンを形成して行ったのか、などなど。まあ、ヲタですね。この辺りの事に関しては。旅先でこんなことを考えたり感じたりして歩くのが楽しいです。

65755A65-A054-4A1C-82A8-3EDEF70A7D0F.jpg

721EC5CA-D9F7-4E66-8580-7A1F6D101A6F.jpg

77E24BEF-E256-487A-AC9F-13BCE5CFFD18.jpg

657198C4-AD95-434D-946C-98E06F186DED.jpg

07F2AC7A-16E8-4002-9B37-297370631F4D.jpg

A21977BC-20B4-45DC-B39F-D7A0B3BDE62A.jpg

posted by ランボルギーニ・タコラ at 23:19| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

バリが危ない!

アグン山というバリ島にある火山が噴火しそうです!最後に噴火したのは1963〜64年の事。今回は相当大きな規模の噴火になる可能性があるとのことです。これからバリへの渡航を考えておられる方は再考された方が良いでしょう。旅の怪我は自己責任、と言い切った輩がいましたが、ダメージを受ける可能性を事前に察知し、その可能性を極力少なくする事も果たすべき務めだと思います。海外を舐めてはいけません。最後に痛い目を見るのは自分です。用心に越したことはないと思います。旅人は臆病であってこそ旅が続けられるのだと思います。

902D3AA2-9B03-491A-BF7C-CD4FB6B2A8BB.jpg

855B930B-6021-4FD2-BF3B-960077F65ECB.jpg
posted by ランボルギーニ・タコラ at 21:21| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする