2017年08月22日

蔵元のJIM BEAM

インドネシアで開催される南半球最大のジャズフェスティバル、Java JazzFestivalに毎年参加されているトレさんが、今回はロンボク島のジャズフェスに行かれるということで経由地のジャカルタにてお会いしました。

その時に持って来てくださったお土産がこれ。ライの配合率が高いジムビームで醸造所でしか販売されていないのではないか?とのことでした。アメリカで暮らしていたこともあるトレさんですが、販売店では見たことが無いそうです。通常のボトルのハーフサイズで値段は倍。つまり単純比較で4倍の値が付けられている代物です。

流通の有無はさておき、肝心の味の方ですがとてもまろやかで飲みやすくバーボン特有の変な癖がありません。これなら幾らでもいけそうです。飲んだ後も身体からの抜けがよく、全く残るようなことはありませんでした。日本でもどこかが輸入してそうですけどねえ。手に入らないものなんでしょうか?インドネシアでは恐らくどこにも売っていないと思います。

5CCA4736-8307-4F50-A189-BA8890B9E215.jpgD3C9AAEC-75BA-43FF-A4F5-C786CE7525FF.jpg33DB0227-53F4-4AC0-A086-48B27FC8C475.jpg3ED5340B-FB7E-4819-9775-D8450088142A.jpg
posted by ランボルギーニ・タコラ at 08:25| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする