2017年08月08日

フィリピンにド沈没してみた2

首都マニラに到着後、数週間はルソン島北部のバギオ、スービック、セブ島やボホール島、ミンダナオ島のバギオなど各地を訪問した。フィリピンは7107もの島から構成されている国なのだ。それで分かったことはマニラだけが飛び抜けた都会で他の地域は全く何もない田舎そのものであるということだった。特に南部のミンダナオ島は貧しく、またマレーシア側からのイスラム教の影響もありカソリック教徒との内戦が未だに続いている地域であった。

ところが意外にもマニラの歓楽街や日本を含む海外へ出稼ぎに来る女性達はこのミンダナオ島出身者が多かった。ポルトガル人のマゼランが1521年にフィリピンを発見した時、彼はセブ島へ上陸した。欧州でフィリピンの情報が伝わるとスペインがミンダナオを始めとする南側の島々に入植し始めた。そのためフィリピン南部はスペイン人との混血が進み南部にあって肌の色が白いメスティーサと呼ばれる容姿端麗なフィリピン人女性が多いのだ。女性達は美しさを武器に様々な地域へと向かうのである。

私はマニラに戻ると滞在費を稼ぐために日系の小さな食品会社に働き口を見つけた。条件はローカル採用、つまりフィリピン人と同じ待遇で雇用されるということである。月給5万ペソ=約10万円である。日本から来る駐在員の待遇とは雲泥の差だ。それでもボロいとは言え社員寮に住まわせて貰い、賄いの食事がついたので物価の低いフィリピンでは十分に暮らしていける額であった。他のフィリピン人社員が1万数千ペソで雇われていることを思えば数段良い条件である。日本語と英語が話せるということで経営者の日本人と従業員の間のパイプ役をやらせようと言うことで少し上乗せがあったのである。

仕事は日本から密輸した闇米を日本食材店に卸す仕事だった。毎日フィリピン人の同僚と共に軽トラックに乗り込み米を配達し、同時に注文を取ってくるというルーティンワーク。仕事自体は非常に簡単で短期間ですぐに慣れることが出来た。覚えが良いと思ったのか社長はどんどんと私に新しい仕事を任せるようになった。米を注文し輸入する実務や買掛金の送金手続き、売掛金の支払いなど内容は多岐に渡った。暫くすると他のフィリピン人の同僚達に一目置かれるようになった。最初は入りたてで経験も無い私の方が彼等より給料が高いことを妬んでいた彼らも私の働きぶりを見て仲間と見做してくれるようになっていった。

一度、仲間になるとフィリピン人と言うのは底抜けに楽しい連中だ。仕事が終わるとビリヤードやカラオケ、ポーカーなど様々な遊びに誘われるようになった。彼らは皆ミンダナオ島から一攫千金を夢見て大都会マニラに出稼ぎに来た連中だった。女と違い南部の男達は美しさを武器に仕事を見つけることなど出来ない。つまり過酷な重労働に従事しなければならなかった。彼らは非常にアクセントの強い独特の言い回しの英語を話すのだが、それはタグリッシュと呼ばれていた。英語とタガログが混じった言語という意味だ。そして特に南部の人間達に特徴的なのがEとIの発音が入れ替わる現象だった。

フィリピンに来た頃にはよくわからなかった「セール」という言葉。実はこれは英語のSIRだったのだ。普通なら「サー」と発音するのだが、IがEになるので「セー」となり、そこに巻き舌のアクセントが加わって「セール」となるのだ。つまり、「セール」と発する男達は南部の出身者だと分かる。日本でもフィリピンパブの女性が「オニガイシマ〜ス」と言ったりするが、これは「お願い」=ONEGAIのEがIの発音になるため「オニガイ」になるのだ。こんなことも日々の仕事とアフターファイブの交流の中で覚えていった。

ある日、日本から駐在で来ていた日本人幹部の一人がフィリピン人従業員に激怒していた。その幹部は海外に行かされることなど全く考えもしたことが無い人だったので英語のえの字も無い状態でフィリピンに駐在し毎日言葉の壁に苦労していたのだ。誰かがヘマをするとその当人と私が一緒に呼び出された。私は通訳なのだが何故かローカルスタッフのリーダー的扱いをされていたので一緒に怒られることが多かった。その日も幹部はめちゃくちゃな英語でキレまくっていた。

「おい、レイマン!テメー何やってんだよっ、このオクトパスがぁ!」横で聞いていた私は腹が捩れそうになった。彼は「このタコ」と言いたいのだ。更に彼の言葉は続いた。「プロブレムだろ、プロブレムー!」。そして、「そんなんじゃなあ、お前マニラベイにドボンだよ!」。ソーリーセ〜ル、ソーリーセ〜ルと只管謝るレイマン…。私はこの殺人的におかしな場面に堪えきれずに大爆笑してしまった。どうやらマニラベイに沈めたいらしい…。これでは伝わる筈がない。当のレイマンも仕事が終わった後、「タコラさん、ボスはオクトパスがマニラベイで問題だって言ってたけど…どういうことなんだろう?」と真剣な面持ちで聞いて来た…。彼は英語が聞こえた部分だけを必死に拾って理解しようとしていたのだ。

しかし、言葉が出来ないのは日本人ばかりではない。英語が堪能と謳われたフィリピン人も実際にはそれほど英語が上手いとは言えないのだ。いま、50歳以上の人達は非常に流暢な英語を話せる人が多い。フィリピンは1950年代までは米国の保護の下でサトウキビ貿易でアジア随一の経済大国だった時期があるのだ。その頃までは非常に高い水準の英語教育が行われていた。だがその後の経済の衰退と共に英語教育の質も低下していった。そのため世代交代が進んだ後の今の若者達はお世辞にも英語が上手いとは言えないのだ。

現代のフィリピンで英語を流暢に話せることは実は特権階級の証でもある。富裕層は子供達に高い水準の教育を与えることが出来る。彼らは米国の一流大学へ留学し大企業の要職に就くのだ。そんな彼らの暮らしぶりをTVのトレンディードラマが一般市民に見せつける。特権階級=英語が流暢、という意識が人々には根深く植え付けられているのだ。だから逆に英語がわからないということは貧しさの象徴とも捉えられている。そのため誰に聞いても皆一様に英語が話せない、わからないとは絶対に言わないのだ。

フィリピン人達と話していると会話が成立しないことが多い。例えばYESかNOかで答える質問をしても「それは神のみぞ知る、だな…」などと答えられたりする。これは英語が分からない人が「分からない」と言えないがためのプライドによって引き起こされる現象だ。質問された方は必死で相手の言葉の中にある知り得る限りの英単語を拾い、それらをつなぎ合せて相手が言っていることを想像して答えようとするのだ。もし仮に「お前、英語がわからないんじゃないのか?」などと言おうものなら、彼らはプライドを気付つけられ逆上する。下手をするとナイフや銃を取り出してくる。普段はニコニコしているフィリピン人だが怒った時は手が付けられないほど恐ろしい。不用意な発言は命取りになるのだ。

相手が女性、しかも若い女性となると余計に英語の下手さを指摘することなど出来ない。人前で泣かれでもしたら周囲の人が集まってきて大変なことになる。フィリピン人は世話好きなので周りの人達が「なぜ泣かせた!」などと追及してくるからだ。その時に「彼女が英語がわからないから…」などと言おうもんなら反感をかって袋叩きにされる可能性がある。信じられないような話だが本当だ。

闇米商で働き始めてから半年ほど過ぎた頃に同僚のフィリピン人女性とデートに行くことになった。とても可愛らしい女性だったため私も有頂天になった。普通はフィリピンでは男性から女性に愛を伝えるものとされている。それなのに彼女の方から誘ってきたのだ。否が応でも気持ちが盛り上がってしまう。約束の場所で待っていると携帯電話にメールが届いた。デートの常だが少し遅れると言う。そして次のメールにはこう書いてあった。「Please wet」=おもらしして!彼女もまたwaitの綴りがわからないくらいに英語が出来なかった。その後のデートで会話が全く盛り上がらなかったのは言うまでもない。それを機に私はタガログを覚えようと勉強を始めたのだ。何とも不純な動機である。

<続く>

image.jpeg
ラベル:フィリピン
posted by ランボルギーニ・タコラ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする