2017年08月02日

SEアジアでの英語話者の位置

今回は東南アジアでのモテには英語が必要という話をしますwww 東南アジアにおいて英語が堪能であることは高等教育を受けた証として見做されます。そして事実そうです。

何故なら大学での授業は基本的に英語で行うからです。日本は学術面において非常に進んだ国で、海外で発表された文献が全て日本語に置き換えられていますので、外国語を習得せずとも高いレベルでの教育が受けられます。例えば医療用語をみても疾病は全て日本語名がつけられています。しかし、多くの東南アジアの国々では研究者そのものが少ない為、自国の言葉では表し切れない専門用語が多々あります。そのため英語やフランス語、ドイツ語でそのまま学習や研究を行います。こういう背景がある為、高等教育の入り口に英語が存在するわけです。英語を澱みなく話す、てにをはなど基本的な事を間違えない、豊富に語彙や表現を知っている、こういうことから表面的に人物が評価されます。

私はフィリピンへの語学留学に否定的ですが、このような事情があるからなのです。英語は学問の手段であって目的ではありません。ところが、フィリピン留学先の学校では英語が目的になってしまっています。それも文章を書く、人と会話するという非常に初歩的な内容に留まってしまっています。言い換えると、低次元なレベルの勉強しか出来ないということになります。穿った見方をすれば、それ以上の目的を持った生徒はここには来ていないということになります。留学の利点というのは、勿論高い教育を受けられることがありますが、実は人脈作りです。日本の経済界・産業界が学閥で繋がっているように、欧米でのビジネスシーンにも大きな人の繋がりがあります。そこに繋がっていくきっかけが出来るのが留学の本当の意味なのです。

アメリカでフィリピン人看護婦というと質の悪い低レベルの医療スタッフというイメージを持たれています。或いは、多くの先進国でフィリピン人のイメージは建設現場や厨房、船底のポイラー室にいる裏方の仕事をする人達と捉えられています。冗談でなく仕事でミスをすると「こんなフィリピン人みたいな仕事をしやがって!」と怒鳴られます。私自身がブルーワーカー、ホワイトワーカーとしてLAで働き経験してきたことなので、間違いありません。これが実態です。ですので、フィリピン留学と聞くと、海外で低賃金労働に従事したいのか?としか私には感じられない訳です。そんなに大袈裟な話ではなく、ただ英会話を勉強したいんだという意見があると思います。ならば言います。その程度なら日本で十分に勉強出来ます。

話が逸れましたが、綺麗な英語を話すというのは東南アジアではモテの必須条件です。怪し気な話し方をしていては、見下されてモテません。モテるとしても、ロークラスの人々からであって、これでは人脈は拡がりません。アッパーミドルクラスの人達は基本的に金を持っているので、女達が集まります。もうはっきり言うと東南アジアでは金持ちの嫁や恋人はみんな美人です。なのでその子息はやはり美男美女なのです。この人達と繋がる為には、基本的な身だしなみとして英語が必須となるということなんです。もしある一国に留まるのであれば、その国の言葉をマスターするのも良いと思います。

image.jpeg
ラベル:面白い話
posted by ランボルギーニ・タコラ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする