2017年07月26日

UAEの秘密

真面目な話が続いたのでこの辺りで少しエロを挟んでおきます(笑)DUBAI=ドバイに行った時の話しです。詳細はほとんど話せませんが、某大手企業との商談でこの地を訪れました。元々この地域はイギリスによって管理され、東インド会社への貿易中継地として栄えた歴史を持ちます。また私は当時マニラに住んでいたのですがフィリピン人の出稼ぎ労働者達がこぞってドバイへと働きに出かけていました。とにかく自分の身の回りでドバイの話が出ない日はありませんでした。物凄く注目を集め、活況を呈していたこの国へ行ってみたいと思っていた矢先に仕事の話が私にも舞い込んだのです。世界一の高層ビルであるブルジュハリーファが完成する前の2003年頃のことでした。

現地では日系大手ゼネコンと日系商社の駐在員が出迎えてくれました。商談を終えアラブ人の客先を交えて彼等と食事をした時に色々な話を聞かされました。この国はインド人とパキスタン人、フィリピン人達が出稼ぎ労働者として建設現場を支えていました。2年契約で月給は3万円。日本と比較すると恐ろしいほどの低賃金ですが、継続して安定した収入が得られることは彼等の本国では難しいことですのでこれでも魅力的な条件だということでした。また街は元々砂漠ですので何もないと言っていました。見るべき所は高級ホテル群とリゾート邸宅群くらいだと。後は労働者の住む鄙びた居住区があるがそんなものを見てもあまり意味がないと。

商談相手の成金アラブ人達は優雅な生活を送っていました。とにかく金さえ出せば手に入らないものはありません。イスラム教の戒律が厳しく規制で雁字搦めのイメージがありますが、実際には全く逆です。食事の後に連れて行かれた高級クラブでは世界各国の一流酒が置いてありました。そして接客をする女性達は美女ばかり。ロシア人、インド人、パキスタン人が多くいました。私の隣についたインド人の女性は訛りのない綺麗な英語を話す人でした。ホテルに戻る事になり会計をしようとすると商社マンが耳打ちしてきました。連れて帰りますか?

流石の私でも映画女優のような美しい女性達がそこまでするとは予想していませんでしたので、この一言には非常に驚かされました。いや、私はインドの方はあんまり好みではないので…と相手の申し出を適当に流しました。するとアラブ人達は私が接待に満足していなかったと思ったらしく、それでは後ほどエスコートサービスの情報をメールで送ります、と言ってきました。海外では高級コールガールに接客をさせることをEscort Serviceと言います。そして送られてきた資料がこの写真のようなものでした。100% Verified Photoと言うのは、加工された写真ではなくて本当にこの通り偽りの無い内容であることを確認済みです、という意味です。東欧諸国の他にも中華系も沢山の写真が掲載されていました。

ドバイは表向きは厳粛なイスラム教国の体を装っていますが、実際には金さえ出せば何でもできる酒池肉林の国なのです。いやいやいや、まるで映画みたいな世界ですが、あるところにはあるものです。

image.jpeg
ラベル:ドバイ
posted by ランボルギーニ・タコラ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする