2017年07月21日

西貢(サイクン)の海鮮料理店

義士庵、第77回で配信しました香港は西貢(サイクン)のことを少しお話ししたいと思います。ここは九龍、大陸側の東海岸に位置する街です。香港は三つの地域に区分されています。赤のタクシーが走る香港島と九龍地区、緑のタクシーが走る新界地区、青のタクシーが走るランタオ島となっています。西貢は新界ことニューテリトリーにあります。ここは1842年に英国領植民地になりました。別名、新九龍とも言います。海鮮料理店が多くあり、魚介類を店頭の生簀から選んで購入し、レストランへ持ち込んで自分の好きな調理方法で料理して貰って食べるというスタイルが有名です。

C氏は香港はほとんど歩いたことがなく、またYONGさんも西貢に行くのは初めてということでした。バスを降りてから海岸沿いを、接岸した船の上で売られている魚介類を覗いたりして歩いて行きました。沢山ならんだレストランをぶらぶらと見て回り、さてどこが良いか?ということになった段で、私が「禿げオヤジが入っていく店が美味しいんだ!」と言ってとあるレストランに入りました。

偶然を装って入ったその店は、実はかのミシュランガイドにて海鮮料理店として唯一掲載された名店中の名店「全記海鮮菜館(Chuen Kee Seafood Restaurant)」だったのでした。ここの食材と調理は最高なんです。最初にミシュランが〜などと言ってしまうとそれで大袈裟な話になってしまい素直に料理を味わえなくなってしまいます。そこで私は敢えて二人にはこのことを告げずに店に入りました。放送では皆が「美味い!」「おいしい!」を連発していたと思います。それもそのはず!なんですね。実はこのことはここで言うのが初めてです。C氏もYONGさんも知ったらびっくりするでしょうねえ。タコラの案内する旅は一筋縄では行かないって訳です(笑)

image.jpeg
ラベル:香港
posted by ランボルギーニ・タコラ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする