2017年07月18日

ジャカルタ・スラムツアー

世界銀行の調査データによると2014年のインドネシアの貧困ラインは11.3%です。貧困ラインとは世界銀行が設定する指標で、1日を1.25ドル未満で生活する貧困層のことです。世界では10億人強と言われています。インドネシア人口は2億5000万人ですので、貧困ラインは約3千万人弱となります。

インドネシアは多数の島から構成される国ですが、中でも首都圏ジャカルタを含むジャワ島には1億人がいると言われています。貧困ラインを当てはめてみると1,130万人という計算になります。しかし数字というのは捉え方によって如何様にでも解釈を変えられます。ビルゲイツが自らの慈善事業が世界的に貢献していることを伝える為に、もはや世界の貧困はなくなったとする発表をしました。しかし、実態はどうなんでしょうか。

私は2013年にジャカルタに来た際に直ぐスラムツアーに参加しました。この時に作家の嵐よういち氏も誘いました。その時のことを彼は著作"世界「誰も行かない場所」だけ紀行"に書いています。このツアーは貧困層の実態を実際に見て貰い理解してもらおうという趣旨の元に開催されています。その参加費がNGOへの寄付金となります。勿論、弱者を見世物にしているという批判があります。

しかし、自ら体験せずして語ることなど出来ないというのが私の持論です。これは見なければいけないと使命感さえ感じてツアーに参加しました。その中で最も強烈な印象を受けたのがこの写真の線路際に住む人々です。この線路は廃線ではなく実際に電車が走っています。写真を撮る間にも何度も列車が通過していきました。ここに家族が居を構えて暮らしているのです。

暫くそこにいるうちに私はあることに気が付きました。15歳以上の働き盛りの人間が全くいないのです。そしてもう一つ。この場所は風俗街で有名なKOTA地区に隣接しているということです。煌びやかなネオンの下で似合わない化粧と衣装を纏った女達を目の当たりにして来ましたが、ほぼ間違いなく彼女達はこのような地域からやってきたのでしょう。いや、もっと正しく言うならば、売られてきたのです。

拙いインドネシア語をなんとか駆使して彼女達に聞いたことをまとめると、一人の客を取って貰えるのは8万ルピアでした。今のレートでいうと720円です。そして、店からは食事代、衣装代などと様々な名目でのピンハネがされています。そして、お前は何人の客に抱かれろとノルマが課されています。これは女達が売られてきた時には全額が払われず、ノルマを達成した後で残額が支払われる仕組みが取られているからです。まさに生き地獄です。

一方男達は遠洋漁業や建設現場に駆り出されていくと聞きました。ジャカルタの繁栄を下支えしているのは彼らということです。そんな社会の語られぬ仕組みがスラムを見ることによって浮かび上がって来るわけです。このツアーには後日、丸山ゴンザレス氏も案内しました。彼はまた違った視点でスラムを捉えていたことが私には新鮮でした。世界の他のスラムと比較して悲壮感を感じない、という言葉に私はハッとさせられました。何故なら貧困層の人々にイスラム教の耐える精神が根付いている事を感じたからです。

image.jpeg
ラベル:インドネシア
posted by ランボルギーニ・タコラ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする