2015年09月15日

海外で暮らすということ

海外で働くことについてよく相談を受ける。明確にやりたい事が決まっていて、細かい部分でどこにも情報が無いという理由で尋ねてくる人には出来る限り答えるようにしている。逆に本当に聞きたくて質問して来てると思えないような人には全く返信しない。そんなものググれば判るだろ、と思うからだ。

相談の中にローカル採用の実態についての質問が多い。提示されている条件で何処までの生活が出来るのか不安だというものだ。しかし、これはとても答えにくい。質問者がどの程度の暮らしを望んでいるか分からないからだ。こういう事はやってみなければ分からない。一つだけ言えることは、条件は良いに越したことは無いということだ。

ただ、条件が期待ほど良くなくとも海外に暮らす事で受けられる恩恵というものもある。バリに住むとある日本人女性はダイビングが大好きで、一年中日本よりも安価で潜れる環境は何物にも変え難いと言っていた。またオランダに渡った日本人女性は将来日本で花屋を開店させる為に花市場で様々なことを吸収しながら働いている。目的がはっきりしているので日々の充実度は高いはずだ。

海外で暮らしたい、という目的だけで仕事を探す人もいる。ASEANの発展途上国ではローカル社員の給与は月数万円程度だ。日系企業のローカル採用だと日本人であることのアドバンテージから10〜20万円ほどの給与レベルである事が多い。しかしこの日本人だからという条件が曲者で、言い換えれば日本人なら誰でも良いということなので責任のある仕事は任されない。また待遇もあまり良くならない。やり甲斐のない仕事ほどつまらないものはない。それでもその国のことが好きでたまらないというのであれば、ただ暮らすだけでもそれは有意義なのであろう。

ただ海外に触れたいと言うのであれば、ツアーコンダクター、パイロットやCAなど、日本を起点とした仕事に就いたほうが良いと思う。住む、となるとそれなりの覚悟なりビジョンが必要だと思う。海外の方が研究が進んでいるとか、日本よりずっと待遇が良いとか、移住の為の必然性が無いと数年で後悔しながら帰国するのは目に見えている。

日本は世界中の人々から憧れをもって見られる国だ。日本で働けたらなぁという声は頻繁に耳に入ってくる。成熟した先進国、物が豊富にあり、様々な文化を謳歌できる社会。東南アジアでは行く先々で、何故わざわざこの国に来たのですか?と質問されたものだ。その日本を離れてまで、追い求める物があるのか?これから海外に出ようとしている人は自問自答してよく考えてみた方が良いだろう。

冒頭の件、私が相談者によく言うのは取り敢えず行って見てみたらどうか?ということ。旅行をしてみたら良いと思う。ただ観光をするのではなく目的をもって調べながら歩くと一週間もあればかなりの事が分かる。あとは感覚だ。ここなら自分に合いそうか、好きになれそうか。期限を決めて移住して、ダメなら帰国するというのも良いかもしれない。とにかく、漠然と何となく憧れだけで実行に移すのは良くない。何事にも舞台裏はある。

CATVの番組の一つに、Euronewsと言うのがあり欧州を中心に世界のニュースを流している。その中で、nocommentという枠があり今現在世界中で起こっていることを何のアナウンスもなしにただ流している。そこでよくシリア難民の国境越えの様子が映し出されるのだが、見ていて本当に偲びなくなる。故郷を捨て、国を捨てて、鞄一つで他の国へ渡ると言うのはどういう気持ちなんだろうか。日本でも、海外でも、好きな所に行ける我々日本人はどれだけ幸福なんだろうと感じる今日この頃だ。

Euronews nocomment
タグ:日本
posted by ランボルギーニ・タコラ at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月10日

フェイスブックと誕生日

昨日、フェイスブックの友人達から一斉に「誕生日おめでとう」のメッセージが殺到した。フェイスブックには元々いい加減な情報しか登録していなかったので、こちらは何事かと焦ってしまった。フェイスブックはタダで人の情報を取ってしまうだけではなく、勝手に他人に伝えてしまうというトンデモナイWEBサイトなのだ。誕生日というのは実は非常に高度な情報で、これによって何がわかるのかと言うと…、うーん、ここでは書けないほど恐ろしく多くの事が分かり、その結果として行動まで予測されてしまうのだ。という訳で私はフェイスブックには一つしか本当のことを書いていない。それは、男である、ということだ。

誕生日を日本で初めて祝ったのは織田信長と言われている。彼は蘭学に興味があり、キリスト教のイエス・キリストに倣って自分の誕生日をお祝いさせることを部下に指令したと言われている。では、そのキリスト教でそんな習慣があるのかというと、それはクリスマスデーのことなのだ。みんながあまりにもエロい事ばかり考えるので、忘れていたのではないだろうか?他宗教の他人の誕生日にプレゼントを交換したりホテル行ったり、日本人の右へ倣えには一億総中流的な恥ずかしさを感じる。あの人がやってるんだから、理由はどうあれ私も…的なバカバカしさだ。

東南アジアを見回すと、3歳、7歳、17歳(或いは18歳)を祝う習慣がほうぼうで見られる。日本にも七五三があるのだが、元来の意味は「今日までよくぞ生き長らえました」ということを祝うものだ。昔はそれほど子供の生存率は低かったということだ。特に疫病の蔓延が深刻だった欧州では尚更のことであったと思う。イエス・キリスト生誕祭に倣って、誕生日を祝う風習は欧州でも自然に広まって行ったことだろう。

ところで、ASEANでは誕生日の人が日頃付き合いのある人達に料理などを振舞う習慣がある。マニラで友人達が高そうなレストランで私の誕生会を開催してくれた時には感激したのだが、最後に伝票が回って来た時にはそれ迄の感謝の念が集り共への殺意に一瞬で変わったのを今でもよく覚えている。以来、誕生日というと嫌なイメージしか持ち合わせていない。

他にも、この話も例によってマニラだが、ある女性が私の誕生日に食事に行こうと誘ってくれた。その後、流れでホテルにシケこんだまでは良かった。しかし、いざという場面になりコンドームを着ける着けないで揉めに揉めた。実は着けることを主張したのは私の方だった。女の方は何故そんな物が要るのか?と私を責めたてた。愛が無いのか?とまで言われた。しかし、相手がこの後に身籠ったから金よこせと言ってくる作戦に出ようとしてるのは容易に想像ができた。そんな手にはのらないぜ。以来、誕生日というと嫌なイメージしか持ち合わせていない。

  • 20150910111502297.jpg
タグ:フィリピン
posted by ランボルギーニ・タコラ at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月07日

第065回 シェムリアップのパブストリートでズゴックさんとリユニオン!

カンボジアはシェムリアップにてRe-Unionを行ってきました。同窓会ってことです。カンボジア在住の長年に渡る友人とパブストリートのビートニクというバーレストランでぐわっと話し込んで来ました。月日の経つのは早いものです。時間を忘れて昔話や近況について・・・。

このシェムリアップはカンボジアでいうところの京都のような存在。アンコールワットなどの遺跡群を携えて古都として世界中から訪れる観光客が後を絶たない人気のあるエリアです。パブストリートは15年ほど前から栄え始めました。場所は空港とアンコールワットを結ぶ一本道のちょうど中間辺り。沢山のレストランやバーが軒を連ねています。

アンコールワットには日本人客は少なく欧米客と中国、韓国からの観光客が多いいです。一番の見ごたえは夜明けの前後です。ちょうど遺跡の背後から朝日が昇る様は神々しささえ感じさせます。次回はアンコールワットの遺跡巡りをした際の様子をお送りします。

IMG_3070 (596x800).jpg

IMG_3065 (800x598).jpg

IMG_3066 (800x589).jpg

IMG_3063.JPG



続きを読む
posted by ランボルギーニ・タコラ at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月06日

上海の栄枯盛衰

ここのところ数日は高熱でダウン。まだ本調子ではないのだが、何故か寝ようとしても眠れず・・・。という訳で久しぶりにブログを更新。これは2012年に上海に行った時の様子。当時は飛ぶ鳥を落とす勢いだった日式KTV「小悪魔AGEHA」だ。確か、この時は翌日にPodcastトリカゴ放送の収録に参加した。そうだった、そうだった、思い出した。山本さんと上海で飲んだんだった。

この水城路にあったAGEHAも14年8月に閉店してしまい、今はMODEという店に変わっているそうだ。大分、上海在住の日本人駐在員も減ってしまった様子。技術移転がある程度進んでしまった中国はもはや外資の受入れを積極的には行わない。おまけに上海は公害が酷く目が痛くなるそうだ。つい最近もまた人民元の切り下げが行われ世界同時株安を引き起こしてしまった。この娘はいまどこでどうしてるのだろう?www



タグ:中国
posted by ランボルギーニ・タコラ at 03:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月02日

ジャカルタの景色

ここ数日風邪をひいてしまって調子が優れない・・・。こんな時は寝るに限る!ということで今日は文章少な目でw ジャカルタの中心部にグランドインドネシアという巨大ショッピングモールがある。そこから最上階に昇るとSKYEというバー・レストランがある。夜景が素晴らしいことで有名な店で、田舎者がこぞって訪れる店だwww 今日はそこからの日中のジャカルタの様子をばお届け。ちなみに、このSKYEから数か月前に某社の社長が飛び降り自殺して以来、客足が遠のいていた。最近はまた徐々に客が戻りつつあるようだ。

IMG_0351 (595x800).jpg

IMG_0341 (800x589).jpg

IMG_0343 (800x597).jpg

IMG_0346 (800x593) (2).jpg

IMG_0344 (800x594).jpg

SKYE ←SKYEへはこちらをご参照あれ。


posted by ランボルギーニ・タコラ at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする