2015年08月26日

イスラム教国の街並み

ジャカルタの街並みはどんなイメージだろうか。イスラム教国ということで厳粛であまり購買意欲を唆るようなものは無いような感じだろうか。私も2年前はそうだった。嘗て中国広東省広州のそばに居を構えた時に、ラジオから好きなROCKが全く流れて来ず愕然としたことがあった。その時のようにジャカルタには楽しいものなど何も無いのかと思い込んでいた。
IMG_3242 (640x800).jpg

ところがいざ来てみると街中の至る所に巨大なショッピングモールが建ち並び、欧米各国のブランドショップが軒を連ねていた。週末にハードロックカフェのカウンターでショットグラスを片手に語り合う人達、ヴィクトリアズシークレットでヒジャブを被った女性達が品定めをする様は私のステレオタイプのイメージを打ち砕くのに十分過ぎる光景だった。
IMG_3233 (800x639).jpg

テレビやインターネットで海外の様子を知る事が出来るが、それが限定された情報だとすると本当の姿は知る余地も無い。やはり、その場所に行ってみて自分の目で確かめなければ分からないことというのは沢山あるのだと思う。今日は紀伊国屋書店で新刊の棚を見てきた。まさか南半球のイスラム教国で日本の本が買えるとは思ってもみなかった。経験に勝る知識というのは無いものだと実感する今日この頃だ。
IMG_3236 (640x800).jpg


IMG_3237 (639x800).jpg


IMG_3239 (640x800).jpg


IMG_3238 (640x800).jpg
ラベル:インドネシア
posted by ランボルギーニ・タコラ at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする