2018年06月22日

スペインのヘンテコなお菓子

20180622072159132.jpg

20180622072419840.jpg

バルセロナのスーパーで発見したFILIPINOSという名のお菓子。フィリピン人達という意味なんですが…。今はナビスコからの発売ですが、ナビスコが買収する前のオリジナルのメーカーで生産していた際には、外側が褐色で内側が白色のスナック菓子だったそうです。つまり、物凄く悪意に満ちた言い方をすると、土人のくせにマインドだけは白人のつもりかい?!っていう皮肉なんですね。

99年にフィリピン政府が正式に欧州委員会とナビスコ・イベリア社に対して抗議申し立てしたそうです。ところがフィリピンの外務大臣Domingo Siazonが、小さいソーセージのことをウィンナー(Vienna sausages)と呼んでいるが、別にオーストリア人はそれについて文句を言っていない。などと言って沈静化させたそうで、このお菓子はもう40年以上この名前でいまだに売られているそうです。どう考えてもこのオサーンが買収されたとしか思えませんけどねぇ…。

ちやみにこのスナックですが、ブルボン社のホワイトロリータに似た味で美味しかったです。
posted by ランボルギーニ・タコラ at 09:32| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

プラド美術館とレコンキスタ

レバランの休暇を利用してマドリードに行って来ました。プラド美術館を訪問したかったからです。カソリックの歴史と宗教絵画、その後の肖像画などに興味があったので一度は観てみたいと思っていました。スペインはルネッサンスが根付かず独自の文化を発展させた歴史があります。

20180621071158132.jpg

20180621071242931.jpg

マドリードを散策して感じたのは人々の顔付です。欧州と中東・アラブの混血ですね。みんな鼻が高いのです。レコンキスタをご存知でしょうか。718年から1492年までにキリスト教国家がイベリア半島の再征服活動を行った時期の事を指して言います。この時期にスペインではイスラム教が主要な宗教でした。そのため中東・アラブの文化が入ってきています。当然、混血も進みました。

ところがレコンキスタ後にスペインはカソリック教国となります。つまり欧州寄りとなるわけです。それが今でも続いてる訳なんですが、この歴史のせいでスペイン人には俺達はヨーロッパの一員という意識が根付いています。その為、中東・アラブ的である事を非常に嫌います。鼻が高いね、ということは褒め言葉にはなりません。アラブ的な顔の特徴だと考えられるからです。

さて冒頭のプラド美術館ですが、掲示されていた絵画は全てカソリックに根ざしたものでした。ほとんどが1400年以降に書かれたものでした。つまりレコンキスタによって過去の歴史は否定されている訳です。日本は神道と仏教があり、それらが他の宗教に取って代わられることはありませんでした。またその事を恐れてキリスト教の侵入を拒みました。この点でスペインは日本とは全く異なる歴史と文化を持つわけです。

スペイン在住の日本人の知人が言っていました。マドリードは落ち着く、あの女性達の黒い髪と瞳がそう思わせてくれるのかな…と。その何気ない言葉の裏側にはこのような背景があるのです。
posted by ランボルギーニ・タコラ at 09:53| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月20日

レバラン

イスラム教の暦でヒジュラ暦というものがあります。イスラム教では断食の期間があることは良く知られていますが、この期間のことをラマダンと呼ぶと誤解されていることが多く見受けられます。

ラマダンとはヒジュラ暦での第9の月という意味です。断食月のことはインドネシア語では、ブランプアサと言います。そして断食明けの休暇のことをレバランと言います。盆と正月が一緒に来たような期間で、皆が一斉に帰省するため国内は超絶渋滞となります。逆に都心部であるジャカルタはガラガラとなります。

ちなみに断食は日の出ている時間が対象になります。インドネシアは年間通して日照時間があまり変わりませんので、午前5時から午後6時頃まで断食。夜が来たら直ぐに食べるのが良いとされています。また日が昇るギリギリ前に食べるのが良いとされています。断食期間中に禁止されるのは、飲食・喫煙・性行為・投薬などです。

この断食の起源なのですが、イスラム教の始祖である預言者、軍事指導者、政治家であったムハンマドが、624年9月にメッカの大規模な隊商とバドルでの戦闘に勝利したことを記念して行われるようになりました。
posted by ランボルギーニ・タコラ at 12:57| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする